クールビズ?ふん、こういう決める。

 今日はまだ6月額とも言うのにミッドサマーかよ?というほどむしむし暑い朝から始まった。

あたしは8時に起床した。最近はいつもながらのことだが慣れないものだな。身内からの軽視の興味がぐさぐさと私の背中を刺しめくる。そりゃそうわ。8ケースです存在ね。向こうは6ケースくらいに起きて昼前の備えをしているんだから。

 しんどい存在からは止めるに限る。朝食をそっこーかきこみ建物を出た。

 建物を出て、大学に向かうためにJRに乗った。JRのインサイドはさすがに空調がかかっていて快適だった。ビジネスマン(・・・母親の場合はどうしていうんだろう?)たちがいっぱい乗っていた。大人一年生組織?あれこれ暑そう。あたしはなんでこんなくそ憎たらしい暑さのなか、スーツなんて着なきゃいけないんだろう?なんて考えた。答申はすぐに出た。

 コモンセンス。そう法律ですな。

 あれこれ暑くて不快んだけどそれが法律だから我慢している。その証拠にクールビズというのが出てきた時折あれこれ喜んでスーツ脱いでた存在。大人一年生にはクールビズにのっかる勇気はないのかな?スーツ特徴の若い人がたくさん乗っていたのでそう思った。奴らが乗っかれない程度の存在ならメリット無いな。ふん。

 大学に到着し、さてワークショップの間です。今日は規律の講義。定義は相変わらずウィキペディアにある報知の朗読みたいなものである。まあ相変わらずのことなので気にしていない。適度に聞いているふりをしながら自分勝手にやらせてもらう。時間は有限なのだから、つまんないなんてぶちぶちうたい文句言ったり、昼寝をしたりはしない。

 大学を終えて帰宅して即夕飯時刻。阪神対日ハムのマッチを見学しながら唐揚げを口に放り込む。
ふー。今日も平和な一年中だったな。それでもなんか物足りないな。

 

 

 iPhone7をオンライン予約でリリース日に入手した