室内の事は何もしない代わりに騒がしい事も収支言いません。

継母の訪問 持ち家に篭りリバティー満喫しました~

住宅は六ヒト肉親だ。
あたい、主人、継母、坊や3ヒト。
坊やと言っても2ヒトはアダルト、もはや1ヒトは学生なので手がかかる子どもはいません。
が、ただし、代表が要するのは、継母だ。
室内の事は何もしない代わりに騒がしい事も収支言いません。
結実、割と可愛い継母だ。
血筋の都合上あたいは業女なので、他の肉親が帰宅するまでのターム、決してデイリー継母と一つ屋根の下で昼を明かします。
ふた毎月くらいの割合で航海に出掛けますが、それ以外は主流マイホームにいらっしゃる。
継母はご四方づきあいもすばらしく頼りにされるタイプで、ご四方からのたよりも厚いようです。
そうして、前日はそのご四方さんたちといったワンデイ航海に出かけたのです。
しょっしゃあああ!!!
あたいはウキウキ気分になりました。
夫人後押しを導き昼めしとも考えたのですが、生憎のウエザーで気合もいまいち。
そこで家でのお篭りに決めました。
午前中は何やかんやって世帯を済ませ、いたって簡単なランチ。
こういうランチも、普段は継母というふたりなのでカップ麺ともいかず面倒です。
そうして、私だけのターム♥
そうは言っても、することと言ったら、撮り溜めた韓ドラを見てからのインターネットサーフィン。
実践欠損征服に気が対する時だけのストレッチング。
そういうもんです…
なんだ、と思われるかもしれませんが、これがあたいにとっては至福の機会です。
夜更けならお酒も入り尚よろし。
マイホームにある程度誰かと共におる気分って、息苦しくなったりするんですよ。
わかっていけるか?

につき、ヒーリングし、又次回の継母の訪問まで家事頑張ります!!!